ベイブレードバーストガチ

B-151 ランダムブースター Vol.17のベイについて
パーツ単体ではなく、一つのベイとしてのコンセプトを見ていこうと思う。
2019-09-20 (19)


タクトロンギヌス.12E.T'.双
タクトロンギヌス.トゥエルブエキスパンド.トランスダッシュ.双
20190914.3
新レイヤーベースのタクトは基本円形だが
装着するウェイトによって刃が飛び出して攻撃性能が変わる。
重さが集中する部分で攻撃出来るので理に適った構造…なのか?
ウェイトも新規パーツの【双】で、
中心と外側2点に重さを集中させた攻撃と防御に優れた形状。
ドライバーは攻撃と持久を切り替えられるトランスダッシュドライバー。
ウェイトの付け替えで、様々な戦い方が出来るのは面白い。


ライトニングエルドラゴ.10R.Z’ 極龍Ver.
ライトニングエルドラゴ.テンリーチ.ゼファーダッシュ 極龍Ver.
20190914.4
メタベイ世代には嬉しいライトニングエルドラゴの復刻版。
左回転の超攻撃型ベイでアッパーと連打のモードチェンジが特徴だが
復刻版でも再現されているのだろうか?
激しく動きつつも少しスタミナもあるゼファーダッシュドライバー。


ブシンヴァルキリー.0.U’ 烈
ブシンヴァルキリー.ゼロ.ユナイトダッシュ 烈
20190920.1
ユナイトダッシュドライバーを取るためだけに作られたような組み合わせ。
ユナイトは先の尖った軸の周りにラバーが付いており
スタジアム外側では激しく暴れまわるが、中央では静かに回り持久力もある。
全体的にはバランス良くまとまっている。


ジャッジメントペガサス.8’G.Kp’ 滅
ジャッジメントペガサス.エイトダッシュグレイブ.キープダッシュ 滅
20190920.2
攻撃力に特化した改造。
GTシリーズで登場したキープドライバーが早くもダッシュ化。
初期型はフリー回転するラバーが引っかかり、持久力が低かったが
最近のランブーに入っているものは初期型よりスムーズに動くようになっている。
ラバーの踏ん張りと持久力を両立させられていれば強い。


ロックジョーカー.Z.Et 双
ロックジョーカー.ゼニス.エターナル 双
20190920.3
スタジアムの中心で攻撃を受け流して粘り勝つ、持久改造。
ロックが緩すぎると言われてたロックベースだったが
キープドライバー同様に強化されて、ロックが少し硬くなったらしい。
ゼニスディスクはカウンター性能がある代わりに
スタジアムに擦ると自分が減速してしまうので一長一短。


ウィザードバハムート.00C.Jl’ 幻
ウィザードバハムート.ダブルオークロス.ジョルトダッシュ 幻
20190920.4
上半分はディフフェンス、下半分はアタックのミスマッチな改造。
総重量が軽いため、ものすごい機動力を発揮するが、
軽さが仇となりカウンターオーバーされやすい。
幻ウェイトのおかげでバーストしにくいとはいえ
積極的にアタックを仕掛けるならロードスプリガンのほうが良いのでは?


ストームペガシス.Hr.At スターダストVer.
ストームペガシス.ハリケーン.アトミック スターダストVer.
20190920.5
総重量は約52g、GTシリーズの60gが当たり前になってる環境では軽いほう。
ロックも緩めでバーストされやすく
アトミックも強く打ちすぎると自滅オーバーがあるので
使いこなすのはかなり難しい。
しかし、ブルーメタリック仕様はカッコイイので持っていて損はない。


タクトファブニル.11.R 閃
タクトファブニル.イレブン.リボルブ 閃
20190920.6
閃ウェイトを付けることでタクトベースの刃を全て飛び出させた状態で固定して
受けるダメージを細かく分散させて耐えるディフェンス改造。
リボルブドライバーはライズドライバーに似ているが
周りに付いているガードパーツがフリー回転するので
姿勢制御力が落ちる代わりに、暴れにくく持久力が高い。